ブログ

投資におけるリスク

一般的にリスクがあるっていうと「危険!」「危ない!
の1択で考えられると思います。
イメージでいくと「ノーダメージ=0 か、致命傷=100 か」みたいな。
運が悪いと重症か死ぬか みたいな。。。

投資はリスクがあるから危ない!(危険が危ないみたいですねw)

さて、本題の投資の世界でのリスクについてなのですが、
「投資におけるリスク」は一般イメージとは違って、一概に危ないではなく「不確実・どうなるかわからない」といった感じになります。
そして投資の世界でリスクがあるとは「(プラスマイナスの)振り幅がある」という意味合いで使います。

とりあえず例題出しますね。

例題1:○○に投資すると、最低マイナス200になるかもしれないけれど、最大プラス20の可能性がある。
どうでしょう。お金出したく無いと思いますよね。(私は出したくありません。)

例題2:○○に投資すると、最低マイナス50になるかもしれないけれど、最大プラス50の可能性がある。
振り幅は同じだけの可能性があって、互角ですね。
冒険してみる?どうする?の世界ですね。

次の場合だったらどうでしょう。
例題3:○○に投資すると、最低マイナス20になるかもしれないけれど、最大プラス50の可能性がある。
この例でいくと、プラスの可能性が高いのでお金を出しても良いかなと思う人はいると思います。

例題4: ○○に投資すると、 最低マイナス10で、最大プラス80の可能性がある であればどうでしょうか。
お金を出したくなってくる人が増えると思います。

と、ここまでいくつか雑な例題を出してみましたが
どの例題もリスクがある事には変わりないんです。

と、いうことで・・・もうご理解いただけましたかね?

投資をする上では
どれだけマイナスの可能性が低く、プラスの可能性が高い金融商品を選ぶかが大切になります。

投資にリスクがあるのは当たり前で、リスク(振り幅)がどうなっているのかを考えた上で投資する事が正しく投資をしていると言えると思います。

投資とは何か

投資とは~・・・と、細かい事を説明してもあまり意味は無いと思いますので簡単に。
投資とは「お金を増やす為に、コントロール可能な範囲のお金をかけてお金を増やす事」かな。(あくまで私の見解です)

不動産だったり株式や投資信託、債権(社債・国債など)、自己投資などなど、投資と呼ばれるものには色々ありますが、
今回は直接お金を動かす系の投資についてお話させて頂ければと思います。

まず。
10万円を一発で100万円に!でも0になるかも。 コレはギャンブル(博打)です。
※ちなみに私は、競馬は好きですよ。色々データ調べて傾向を考えて、いくら賭けるか。さぁレース開始。楽しいですね。
パチンコはよくわからないままお金が消えていくイメージしかありませんので、やりません。

増えるか0になるか・・・

次に、
10万円を数日のうちに20万円に!でも減ったり0になったりマイナスになるかも? は、投機です。
※ちなみに私は、日経先物で100万円を3ヶ月で650万円にした事があります。1日で700万円失った事もあります。人生何事も経験ですね。

一喜一憂する激しい値動きの投機

あくまでも投資は、リスクコントロールができて、長い目で見て利益を出していく事を目標にする行為です。
「お金に働いてもらって、お金を稼ぐ」仕組みを作るモノとも言えるかもしれません。

そういう意味合いでは銀行預金で利息を受け取るというものも投資の一部ではないかと思います。

投資におけるリスクとは「振り幅」の事です

投資を考える場合、○○さんがやっていると聞いたから~
という理由で始めるのも間違いではありませんが、自分にはどういった投資が合っているのかを冷静に考える必要があります。

投資の種類によって、最低限必要になってくる金額も変わりますし、手間暇・注意事項も変わってきます。
投資をする為の勉強に自己投資でお金をかけるというのはアリだと思います。(でも、ちゃんと実行しないと勉強の意味ありませんよ)
また、手探りで知らない事に挑戦しながら学ぶという姿勢は好きですが、やはり「基本」だけは押さえた上で挑戦する方が有利なのは間違いありません。

「真似したい・真似したくない」「真似できる・真似できない」とかいうのは別として・・・
他人の成功例・失敗例・手法は積極的に知識として収集する方が良いでしょう。

今回はギャンブル(博打)・投機・投資という言葉の違いを説明しました。
どれが正解とか不正解とかは無いと思っています。

長く続ければ続けるほどそれ相当にリスクの振り幅が大きくなっていくというだけの事です。
最終的に終わってみなければわかりません^^

独立するぞ!?(独立形態について)

ひとことに「独立する」といっても、
個人事業主 フリーランス 投資家 会社経営 法人経営…呼び方が違うだけとかいう事も含めていろいろ種類があります。

「独立する」という言葉としては、全部ひとくくりにできてしまいそうですが
実際にはいろいろと違いがありますので今回はよく耳にする3つについて、ざっくりと違いを説明してみますね。

「個人事業主(自営業)」
税務署に開業届を提出して、こんな業務をします と宣言する感じです。(業務内容はひとそれぞれ)
フリーランスも個人事業主の一部で、特定の取引先と業務契約を結んで報酬をもらうような感じですね。

収入から経費を差し引いた金額が個人の所得になりますので、1月~12月までの所得を税務署に確定申告します。

社会保険というか、年金について「個人事業主は1号被保険者の国民年金」という部分が老後の心配のタネですね。(元気に働けている間は良いのですが・・・)

あと、余談ですが、業務が順調すぎて売上げが億とかになってきて、経費もバンバンかかってくると・・・
税理士さんから「個人事業主ではもう経費処理無理です法人化してください><」
と、言われる事もあるようです。(友人がこのパターンで法人化しました)

「投資家」
個人投資家です! って聞くと格好良さそうな印象を受けますが
こちらは開業届を出していれば個人事業主。
届け出をしていなければ・・・職業的には・・・無職?(^_^;
お金沢山持っていれば問題無い気もするものの、厳密に分類されると微妙な感じになりますね。

税務署に出向く必要があるかどうかはケースバイケースです。

「会社経営(法人経営)」
法務局に登記申請を出して、法人という名の会社を設立します。
そして、その会社に雇われて代表者として経営するという感じのもの。
「個人事業主=本人」である事に対して、法人の場合は「法人」という別人格が誕生することになります。

私は「株式会社ネーチャーネットという法人」を2003年に設立して、株式会社ネーチャーネットに雇われている代表取締役という感じになっています。
※個人事業主が紙1枚で設立できてしまうのに対し、法人の設立はお金も時間もかかります。

弊社の場合は、PC系コンサルティング、自作PCパーツの販売業(小売り)、不動産賃貸業(大家さん)、パソコンとお金の相談業務、などを現在業務として行っていますが
登記する事業内容に入れていれば好きな業務ができますし、今現在業務としていない事でも登記しておく事は可能です。(不動産仲介業とか喫茶店の経営とか…)

法人については、先ほども記載しましたが、別人格となりますので・・・
☆経費は事業を行うために必要な費用として会社が払います。(ここがかなり大きい)
☆お給料(役員報酬)は中田勝也さんが、株式会社ネーチャーネットからいただいてます。(業績次第で額を自分で決められる所は大きい)
☆年金は厚生年金で給料天引して株式会社ネーチャーネットが年金事務所に支払います。(年金が厚生年金という所が将来的には大きい)

☆個人事業主とは違って確定申告ではなく、決算報告というのを年度ごとに提出します。(ちょっと難しい)

と、まぁ、かる~く独立形態の違いを説明しました。
どういう形態で独立するのが良いのかの参考になれば幸いです。

細かい所は説明すると長くなるのと、人によって全く変わってくる為
独立を考えられている方には個別相談で対応させていただきますのでご相談くださいね。

WEBカメラ。不良なの?仕様なの?

FPとかお金の話じゃなくスミマセン。
職場で使ってる「ROG EYE」というASUSのWEBカメラがあるんですが、
それと同じヤツを自宅にも・・・と思って探してみたらもう終息してるっぽく
後継機種の「ROG EYE S」っていうのが出てるっぽくamazonでぽちったんですよ。
(まとめ買いとかじゃなければ代理店注文より通販の方が安かったり…)

で、スムーズに届いて、接続したら、どうもマイクが反応しなくて・・・。
Windows立ち上がってる状態から、接続するとカメラもマイクも使えて
Windows立ち上げ前から繋がってると認識はしてるけどマイクが反応しない。
マイク使える状態になったあとに再起動したらまた反応しなくなる(^_^;
抜いて差したら使えるようになる(笑)

さすがに不良だと思って、交換依頼出して 交換品届いたんだけど・・・
新しく届いた分も同じ症状><
デスクトップ2台ノートPC1台の合計3台で試して全部同じ症状だから・・・コレは仕様的な不具合なのかなぁ・・・
使える状態になってしまえばノイズキャンセラーとか優秀でめっちゃ良い商品だけに
まとめて返品するか非常に悩む・・・(^_^;

保険を考える

そもそも保険とは?

中世ヨーロッパ時代の海運系ギルドが始まりらしいです。
海賊やら嵐やら、一度遭遇してしまったら多くのモノを失ってしまい
「自分だけではどうしようもない事態に備えて、みんなで協力し合おう」という考えがベースになっています。

「保険に入る」という言葉は、協力し合っている人達のグループに入るという所から来てそうですね。

そういった中世ヨーロッパ時代からある保険ですが、
昔は商売人が入るものだったっぽいですが、現代では保険には一般の人も入る事が非常に多いです。
というより、むしろ社会人になったら保険に入らなければ社会人失格だと言わんばかりの雰囲気すらあります。

保険に関してはある意味面白い程矛盾した例題がいろいろとあります。

・お守り代わりに「保険に入る」
保険ってそういうもんじゃないですよね。
入っていたら事故にも遭わず、ケガも病気もしなければ良いのですが・・・(^_^;

・保険に入っていたら使わないともったいない
何かあった場合の「保険」なのに、払った保険料を取り戻そうとする。
保険を使うためには、嫌な目にあわなければいけないのに(^_^;

・保険加入を辞めたとたんに何かある(かもしれない)
もはやオカルトな話になってきそうです。
保険って呪い的なものでしたっけ?(^_^;

・貴方に万が一の事があったら、親御さんどうなるの!?生命保険に入らなきゃ。
二十歳そこそこの貴方がお亡くなりになったら、とても悲しいとは思います。
でも、別の視点で考えて見てください。
ご両親は貴方のお金で生活しているんでしょうか?貴方が亡くなってご両親はお金の問題で困りますか?

と、いくつか例題を挙げましたが
私は別に保険を否定してる訳ではありません。
正しく「保険」を理解して、正しく「保険」を活用してほしいと思っています。

世の中いろんな保険がありますが全ての保険が当てはまる訳ではなく、
人によって保険が必要かもしれないというシーンは全く変わってきます。
死亡保険・医療保険(がん保険)・学資保険・就業不能保険(所得保障保険)・養老保険・年金保険・自動車保険・火災保険(地震保険)…etc

ライフスタイル・ライフプランにあわせて保険も考えると良いでしょう。